Tag Archives: Jojo Hiroshige

非常階段 x SISSY SPACEK
COLLABORATION ALBUM “エントロピック”
2019.9.4 ON RELEASE!!!!!!

‪OOO-37
HIJOKAIDAN x SISSY SPACEK
“エントロピック”
CD/4tracks/Japanese Edition/1800JPY+TAX

1.Amok Time (非常階段 x Sissy Spacek) 11:42
2.Seven Directions (非常階段 x Sissy Spacek – テンテンコ参加) 04:47
3.Necro Ton (Sissy Spacek) 29:16
4.Live at Akihabara Club Goodman (非常階段) 29:50

“KING OF NOISE”!今年結成40周年を迎えた世界を代表するノイズバンド・非常階段と、昨年[…]dotsmarkのマネジメントにより初来日を果たしたUSブラー・グラインドSISSY SPACEKの初のコラボレーションアルバム。昨年のSISSY SPACEK日本滞在時に録音された非常階段とのコラボレーション、秋葉原GOODMANで行われた両バンドにテンテンコも加えてのセッションに加え、同日の非常階段のソロライヴ、SISSY SPACEKの未発表ソロ音源も同時収録。US盤とは異なるトラックリストで日本盤の登場です。8Pブックレットには坂口卓也氏によるライナーノーツ収録。

[...]dotsmark直営オンラインショップCULTURE discs& tapes他一部店舗では購入特典としてステッカー付き。

**非常階段 / HIJ0KAIDAN **
JOJO広重 / JOJO HIROSHIGE (Guitar/Vocal)
T.美川 / T.MIKAWA (Electronic sound)
JUNKO (Voice)
岡野太 / FUTOSHI OKANO (Drums)

1979年に京都でJOJO広重と頭士奈生樹によって結成された、世界最初&日本最初のノイズバンド。大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと、長きに亘ってノイズ演奏を続け「キング・オブ・ノイズ」という異名で国内外に名を知られている。1980年に頭士脱退後、現在もメンバーであるT.美川が参加、ほかにも多数メンバーが参加し、1980-1982年頃はステージで破壊的なパフォーマンスを展開するライブを行い、国内外に知名度をあげることになる。幾度かのメンバー変遷後、80年代にJUNKO、2009年に岡野太がメンバーとなり、現在の4人が正式ラインナップとなっている。ゲストミュージシャンとしてナスカ・カー・ナカヤ(Electronics)が参加するバージョンもある。1982年に発表されたアルバム「蔵六の奇病」はインディーズ史上の名盤であり、ロングセラーを続けている。海外でのライブ公演も多く、イギリスやアメリカ、イタリアなどからも作品のリリースもある。2019年、結成40周年を迎えた。

SISSY SPACEK (シシー・スペイセク)

1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。2018年には2013年からの編成であるCharlie Mumma (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初の来日を果たした。

http://www.dotsmark.com/

https://www.amazon.co.jp/ENTROPIC-%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E3%80%81SISSY-SPACEK/dp/B07TMRSSM4/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E9%9A%8E%E6%AE%B5&qid=1569373763&sr=8-4

Tags , , , , , , , , ,

Airway
Live At MOCA
Helicopter, CD/Digital
HEL 98071
Release Date: August 8, 2018

Airway began as a solo project of Los Angeles Free Music Society member Joe Potts. The first release was the Airway 7-inch, which featured subliminal messages to coincide with an art exhibition in Tokyo. Since their August 1978 live debut at the LACE Gallery, the group has performed many concerts with different large lineups, always with Joe Potts’ subliminal message experiments as a central feature. Airway’s “Live At LACE” LP, first released in 1978, and introduced to Japan by Takuya Sakaguchi, was a direct influence on the projects Hijokaidan and Merzbow. In their 42-year history Airway’s discography to date includes the albums “Live At LACE”, “Beyond The Pink Live”, a split LP with Hijokaidan, “Live At Mark Moore Gallery”, and now “Live At MOCA”.

“Live At MOCA” was recorded January 30, 2014 in Los Angeles, California. The line-up includes: Ama, Ted Byrnes, Chip Chapman, Dennis Duck, Ace Farren Ford, Juan Gomez, Joseph Hammer, Kevin Laffey, Maya, Fredrik Nilsen, Joe Potts, Rick Potts, Tom Recchion, Dani Tull, Vetza, John Wiese, with additional sounds contributed by Team Airway Japan: Takayuki Hashimoto, Jojo Hiroshige, Kazuya Ishigami, Katsuyoshi Kou, Toshiji Mikawa, Masahiko Ohno, Atsushi Reizen, Takuya Sakaguchi, Shizuo Uchida. The recording was made by Tamaki Ueda, and was mixed by John Wiese. The cover was designed by Tinytown.

Joe & Joe
s/t
Helicopter, CD/Digital
HEL 98072
Release Date: August 8, 2018

Joe & Joe is the duo of Los Angeles Free Music Society staples Joe Potts and Joseph Hammer. Utilizing the Chopped Optigan and phonomontage techniques respectively, they create an immersive environment of great detail and gravity. Their performance at this year’s No Response Festival in Cincinnati marked the project’s first excursion outside LA. Their subsequent midwest tour is documented by this release.

Joe Potts has composed electro-acoustic music exclusively since 1973, creating art/sound installations and performances internationally. A founding member of the LAFMS, he is also the man behind the curtain in Airway, combining walls of sound with subliminal treatments, utilizing both live musicians and the audience itself as electronic signals which are processed and manipulated. For the past 20 years he has been composing for an instrument known as the Chopped Optigan, a seventies optical sampling console organ that he has customized and rewired in order to create dense undulating chords of up to 64 notes at a time.

Joseph Hammer has focused on tape loops since the early 80s, using phonomontage as a live process to assemble source material by hand with vintage magnetic audio gear. As part of the LAFMS, his groups Solid Eye, Points of Friction, Dimmer, and Dinosaurs with Horns have had an active presence alongside his constant solo practice.

http://helicopter-la.com
https://helicopter.bandcamp.com

Stores can wholesale direct (sadpsychics a/t gmail.com) or contact Fantastique.

Tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Chichibu, Japan, September 27, 2015

Tags , , , , , ,